タイ語の母音と声調。IPA表記の読み方の参考にもどうぞ

当サイトでは発音記号をカタカナではなくIPA表記を使用しています。
タイ語勉強中。もくもくをご覧になる前に

そのため、タイ語の母音と声調を復習したい方以外にも、そもそもIPA表記の読み方が分からない!という方にも参考にしていただきたいです。

タイ語はカタカナ発音だと、どうしても伝わらないことが多く、私なんて意識しているのに伝わらず…。発音をマスターする道程はまだまだ長いです。

◯タイ語の母音

タイ語は母音と子音を組み合わせて音節を作ります。

タイ語の母音は全部で9種類です。(日本語は「あいうえお」の5つですね)
また、各母音で、短く発音する「短母音」長く発音する「長母音」があります。

またこの他に、異なる母音を組み合わせた「複合母音」「余剰母音」と呼ばれるものがあります。
ここでは最低限のIPA表記を読めるようになることを目的としますので、省きますね。

短母音
IPA表記
長母音
IPA表記
発音の仕方
aaa日本語の「ア」「アー」
iii日本語の「イ」「イー」
uuu日本語の「ウ」「ウー」
ɯɯɯ「イ」という時のように唇を広げた状態で「ウ」「ウー」と発音
eee日本語の「エ」「エー」
ɛɛɛ「ア」という時のように口を広くあけた状態で「エ」「エー」と発音
ooo日本語の「オ」「オー」
ɔɔɔ「ア」という時のように口を広くあけた状態で「オ」「オー」と発音
[oo]というときのように、唇を突き出さない
əəə「エ」という時のように口を半開きにした状態で「ウ」「ウー」と発音


◯タイ語の声調

タイ語の声調は5つあり、この声調によって単語の意味が全く異なります。たとえば、”maa” (マー)という単語でも声調によって「来る」「馬」「見る」などと意味が異なります。

タイ語の声調グラフ

この図を見ながら、それぞれの声調の大体のイメージをつかんでみてください。
図の「第◯声調」の後ろにある記号は、IPA表記に使われる、声調を表す記号です。このように使われます。
[màa], [mâa], [máa], [mǎa]
↑この[maa]の上についている記号をみて、どの声調かを判断します。

第1声調(平声)

普通の音程をまっすぐと発音してください。
声調記号はありません。そのまま[maa]です。ちなみにタイ語で[maa]は「来る」という意味です。

第2声調(低声)

第1声調より低い音程で平らに発音してください。
声調記号は[màa]です。

第3声調(下声)

高い音程からはじまりますが、その後下がります。
声調記号は [mâa]です。

第4声調(高声)

高い音程からはじまり、さらに上がります。
声調記号は[máa]です。ちなみに[máa]はタイ語で「馬」という意味です。

第5声調(上声)

低い音程からはじまりますが、尻上がりに発音します。
声調記号は[mǎa]です。ちなみに[mǎa]はタイ語で「犬」という意味です。

---
以上、母音と声調でした。今日はここまで。
21の子音と無気音と有気音についての解説と、それらに関するたっくさんの例文を作りたいのですが少々お待ちくださいね。

0 件のコメント :

コメントを投稿